Anger of a Gentle Man

July 11, 2016

My blog entry was originally intended to be a report on the status of our award winning appearance in the United States with our musical, "Til Death." But events in the United States changed my focus.
“There are three things all wise men fear: the sea in storm, a night with no moon, and the anger of a gentle man.”

The above words written by Patrick Rothfuss mean something to me. I come to you, fans of Tokyo Cowboys and our work with a somber mien. While my colleague Chris offers you, and by extension me, hope. I offer you history. As I write this blog entry it has just been over two weeks since the horrific shootings in the Pulse Nightclub in the United States. Violence has ever flirted with the LGBT community in the United States. Rather than a full lecture, which the academic in me so prefers. I offer you events in recent history: The Riots at the Stonewall Inn (December, 1969), the Up Stairs Lounge arson attack (June, 1973), the AIDS crisis (1981-current), and now the single most violent mass shooting in the history of my country.

All of these events have happened in my lifetime. It was not too long ago, in my life, that gay men feared to walk alone in the dark of night, with all of the recent advances in civil rights made around the world, I allowed myself to be gently lulled to sleep. It is at this moment, the seas are in storm in the US LGBT community as a people who rose up in violent protest for the hatred sanctioned by our government arise from that slumber. The fear of the anger of a gentle man, indeed.

So why is this important? Because Japan is at a crossroads in its history, and it is instructive to remember that nations make changes at their own pace. "The Actor and the Model," tackles the deeply closeted gay culture of Japan. The situation you will see on film happened, it is based on a true story that we were approached with and told in confidence.

This type of situation was all too common in the United States entertainment community until the late 1980s, when gay actors and entertainment figures started to speak openly about themselves. But none of these things happen in a vacuum. Society, both implicitly and explicitly gives permission for change, and it is in this spirit that Tokyo Cowboys presents, "The Actor and the Model," a doomed love story that remains relevant in the United States and is a cautionary tale for Japan.

Jeff
Executive Producer

 

 

「紳士の怒り」

 

実は別のブログを書くつもりだった。

先日、チームの代表としてアメリカの映画祭に行って来たので、 そのリポートを書こうと。

しかしもっと大事な話がある。
今回はアメリカのニュースと歴史について記していこうと思う。

クリスと友利の前向きで暖かいブログの後、少し現実的な事を書く事をご容赦頂きたい。
〝賢者が恐怖する三つのモノ『嵐の海、月が見えない夜、紳士の怒り』〟

Patrick Rothfussと言う作家がこの文章を書いたのだが、 自分で書いたのではと思うほどに、私には深い意味がある。 Pulse Nightclubで大量無差別殺人が起こった。

GLBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の社会では、 世界の至る所でこういう暴力犯罪が起きている。

 

 ストーン・ウォールの反乱。
1969年6月28日午前3時、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあったゲイバー、 『ストーンウォール・イン』へ警察が踏み込み捜査し、 酒類販売許可書がないことに難癖をつけて店の閉鎖を迫った。

これに対し、店にいたゲイ達が反発。 その週末を通じて、400人近いゲイやレズビアン、 トランスセクシュアル、また怒ったドラァグ・クイーンや街娼達が、 通りや最寄りの地下鉄駅で反乱を起こした。
 

1973年、ニューオリンズの人気ゲイバーが放火にあった。 30名以上が死亡、うち何名かは身元不明のまま。事件はホモフォビックな偏見に晒され、大衆や地方政府や宗教指導者たちもそれを黙殺。

結果として犯人は捕まらず、遺族の哀しみは沈黙の中に取り残された。
事件は現在に至るまで未解決のままだ。 HIV/AIDSがゲイの社会に現れたのが1981年。

未だ解決策が見つかっていない。 私の人生の中で起こったことばかりである。


20年程前、ゲイの友達が深夜は一人で歩きたくないと言った。
公民権運動のお陰で「この手の悪いニュースはもう終わりかな」と 楽観したが、まだまだ根深く残っている。

アメリカの公民権は、まだそこまで進んでいないのが実状だ。
アメリカのGLBTは怒っている。
「Pulse Nightclubでなぜこんなに酷いことが起こった?そして次の犯罪はどこで?誰が?誰に?」 それは正当な怒りだ。

さて、なんでこんな話をここで書くのだろうと思っている人。

説明させて欲しい。日本のGLBTも今、ターニングポイントを迎えている。
同性結婚や、色々なGLBTにとって大事なことが、 最近日本で話題にあがっているが、どう変化していくのだろうか?

TOKYO COWBOYSの新作“The Actor and The Model”は、 カミングアウトしないゲイの日本人男性の話。

彼の話は皆の話じゃないけど、実話に基づいている。
ファンタジーではなくノンフィクションだ。

1980年代、アメリカでは俳優と女優がカミングアウトし始め、 プライベートについて初めてオープンになった。
しかしこんな根深い問題は、一朝一夕で変わるもんじゃない。
社会がその変革を許した時に、やっと叶う。

“The Actor and The Model”という作品は、悲運恋愛話だ。
物語を通して、日本の社会にゲイの闘争を紹介出来ればと願う。
この映画がアメリカでも日本でも、社会変動の火種を作れたら、嬉しい限りだ。

Jeff
Executive Producer

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

Tomori - Moving Forward

March 17, 2015

1/10
Please reload

Recent Posts

October 17, 2018

March 7, 2017

Please reload

Archive
Follow Us