The Benza Full cast banner.png

The Nihongo of it all / 日本語翻訳紀行

(English Below)

今からここに書くことは、みんなにショッキングなことかもしれません...


実は最初、僕は脚本を全て英語で書きました。しかもペンで。しかもノートに。


言われなくてもわかってます。やり方が古いと。けど、自分が何か書きたい気分の時にノートパソコンを持ち歩いているのがイヤなだけです。それが僕のプロセス。だからほっといてね。


そこから、まずセリフを書き出します。その次にアクション、シーンの情景説明、そして必要に応じて具体的な演技のポイントなんかを書き込んでいきます。


そして始まるんです...恐るべき日本語への翻訳が。


僕たちがこの作品の制作に取り掛かって長いこと経ちますが、初期の段階で気づいたことがあります、それは全員日本語の使い方が違うということです。日本人メンバーですら何が正しい言い方なのかを言い合うほどです。(時には怒鳴り合ってたりなんかも)


翻訳の仕方はこうです。各キャストは(基本的には)自分のセリフを訳すことになっています。カイル役のカイル・カードと僕は数日間かけて日本語に訳しています。本人には言ってないけど、この時間はめちゃくちゃ好きなんです。そしてこの時初めてシリーズが形となっていきます。主人公2人のセリフのテンポが頭に入ってくると、イメージ全体が湧いてきます。


いんこ先生役の白いんこは英語を話さないので、彼女のセリフは僕と一緒に台本を読みながら一行ずつ説明しています。そしていんこ先生が言うであろう話し方に彼女が自分で訳しています。たまに、3人で集まって作業する時もあります。だいたい1週間ぐらいかかってるんじゃないかな。


登場人物の複雑なセリフや演出なんかは川畑誠仁が担当しています。例えば、デビッド役のアレクサンダー・ハンターのセリフは全部古風な日本語ですよね。僕にはこれをどう訳したらいいのかわかりません。なのでデビッドのセリフを正確に書くために、彼はさらに時間と労力をかけて訳しています。


「ザ・ベンザ」の初期の段階では、日本人以外の登場人物の日本語をどこまで正しく持っていくかについて長い間話し合いました。僕の意見としては、この作品の大きなポイントが全員、日本語学校で繋がりがあるということなので、間違っているところは直しつつ、面白い言い回しは残していく。普段日本人が使う表現ではないにせよ、通じるのであれば残そう、というスタンスでした。


英語、日本語、フランス語、スペイン語、スウェーデン語、イタリア語...そんなのは関係ありません。言語というのはとても個人的なものです。人によっては使い方が違うし、それがあるからこそ、周りにも人としての自分を見せることができるんです。俳優にとって、ちょっとした言い回しや熱のこもった瞬間に口が滑ったり言葉がスムーズに出てこなかったり、詰まらせたりするのはミスじゃないんです。登場人物としての成長なんです。


重要なのは、たとえ日本語が完璧じゃなくても外国人と日本人が同じ画面上で日本語で交流しているドラマ作品を世の中に発信できたことを僕が誇りに思えることです。なんてったって僕たちは新しいタイプのエンターテイメントを届けるために全力で取り組んでいるから。


パーフェクトか?と言われればノ—ですが、「ザ・ベンザ」はそういう欠点があればこそだと思ってます。それが個性になるから。


クリス


What I’m about to write might shock you, but here we go…


Initially I write all our scripts in English. With a pen. In a notebook.


Yes, yes, I know. It’s old fashioned. I don’t like dragging my laptop out with me when I’m in the mood to write. It’s my process. Leave me alone.


From there, I type the dialog up first. After that I move into action, scene description, and when necessary specific acting notes.


After that, it begins…


The dreaded translation into Japanese.


Our team has been working together for quite some time on this project and one of the things we learned early on is that EVERYONE uses Japanese differently. The Japanese members of our team will even argue (to the point of yelling at each other) about what is the correct way to say something in Japanese.


Here is how we do it. Each cast member is (in general) in charge of translating their own lines. Kyle Card (Kyle) and I will sit together for days hashing it out. Don’t tell him, but I love this time together. For me, this is when a series really starts to take shape. Once I get that rapid fire Chris and Kyle tempo in my head, I can finally start to picture everything.


Haku Inko (Inko Sensei) doesn’t speak English, so she and I will go through the script together and I will explain each line to her. She will then translate it into how she believes Inko Sensei would phrase it. On occasion, the three of us will get together and work. I’d say this process takes about a week.

Masahito Kawahata handles the characters that are more intricate and the stage directions. For example, Alexander Hunter’s dialog as David is all in a very old-fashioned Japanese. I would have no idea how to go about writing this. Masa puts in the extra time and energy to make sure all of David’s lines are correct.


Early on the production of “The Benza”, we had a long discussion about how perfect we should make the non-Japanese character’s Japanese abilities. Considering one of the larger points of the show is that everyone is connected via a Japanese language school, my opinion was that we correct things that are wrong but keep interesting turns of phrases. It might not be what Japanese people say, but if it is comprehensible, let’s keep it.


English, Japanese, French, Spanish, Swedish, or Italian…it doesn’t matter. Language is extremely personal. The way people use language is different, and it’s these differences that let us show who we are as people. For an actor, the slightest turn of a phrase, that momentary slip or stammer in a moment of passion, or that moment where your throat closes and chokes your words are not mistakes. They are character development.


At the end of the day, I’m just proud to present a television show were foreigners and Japanese people are interacting together in Japanese on screen, even if the Japanese is not perfect. We are doing our best to introduce a new type of entertainment, and we are doing it with everything we’ve got.


Is it perfect? Nah. However, I think “The Benza” is better for its flaws. It gives it character.


Chris


#thebenza #primevideo #クリス・マッコームス

タグ:

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
Search By Tags