New Treasure

「 新たな“宝物” 」 TOKYO COWBOYSの作品をご存知の皆様。 はじめましての皆様。 世界中の皆様。 おはようございます。こんにちは。こんばんは。 日本の俳優、今井孝祐です。 『NOPPERABOU』では警察官役。 『Till Death』ではKoji役をやらせていただきました。 先日、オハイオ州で開催された The Indie Gathering映画祭にて『Till Death』が優秀賞受賞とのニュースが届きました。 ペンシルベニア州の映画祭でのベストコメディ賞に続き2つ目の受賞。 『NOPPERABOU』も様々な映画祭で上映され、いくつもの賞を受賞し、とても光栄です。 更に多くの方が観てくれるきっかけになる事が幸せです。 TOKYO COWBOYSの撮影現場は、 様々な国のスタッフと俳優が入り混じっていて、とても面白いです。 でも結局、喜怒哀楽の感情は世界共通でした。 そこに国の違いはない。 あるのは個人の個性だけ。 個性は違うのが当たり前。 何万キロも途方もないほど離れた土地で生きていた者同士が出逢い、 そして共に感じて、共に行動して、ひとつの作品の完成を目指す。 天文学的確率は、まさに奇跡。 そこで完成した作品は、この上なく大切な、“宝物”です。 さて、上記2作品に続き、 3作品目の出演となります。 新作『Actor and Model 』 今回の私の役は…テレビ番組のMC役! また新たな“宝物”を多くの皆様と共有したいです。 どうぞご期待下さい。 今井孝祐 Good morni

A rainy night on Waseda Street

「 A rainy night on Waseda Street / 雨の早稲田通り 」 プロデューサーであり友人でもあるクリスからの誘いで、今回actor役でこのプロジェクトに参加させてもらう事になりました。 Tokyo Cowboys のプロジェクトはクリスから聞いていて、「いつか俺も混ぜてよ」と軽口を叩いていたところ本当にクリスが誘ってくれました。 夜中に早稲田通りで電話を受け、クリスから初めて内容を聞かされた時は「俺に出来るのかなぁ」と言う思いが一番でした。 今回のプロジェクトで扱うテーマは「同性愛」。 僕の友人・知人にも同性愛者は当然いるし、尊重されるべきです。 何の問題もない。僕自身は所謂ノンケの人間ですがゲイやレズビアンに対して何の偏見も持っていません。 でも実際に自分がゲイを演じるとなると、全く想像がつきませんでした。 正直なところ、同性愛者を取り巻く現状や問題は僕にはよく分かりません。 皆がハッピーならそれが一番いいし、その方法を探し続けるしかない。 僕に出来る事は、役者として、表現者の一人として、やるからには良い映画を作りたい。 ただそれだけでした。 良い映画の定義については喧々諤々と答えの出ない無限スパイラルに吸い込まれるので止めておきますが、僕自身が思うのはやはり執念を感じるか、と言う点。 どうしても伝えたい。表現したい。これをやらないと我慢出来ない、生きていけない。 そんな執念が作品に魂を宿らせるんじゃないかと、僕はそう思うのです。 今回の映画はクリスの実体験を元にしている話です。 クリスにそ

Amebablog pissed me off

Some of you may have noticed that we have gone back to the blog on our homepage. I want to take a moment to tell you why. The first blog that we published for our current project “The Actor and the Model” was a blog that I wrote and it had a positive message about alternative lifestyles. I wrote about believing in this world despite the fact that there is still crime and hatred, and I wrote about hope and the goodness of mankind. Check it out: http://www.tokyo-cowboys.com/#!A-world-full-of-hope/c5kc/5774ca550cf2bcae6e43d264 The site that we normally post to, a Japanese blog site called Ameba blog, allowed us to keep the blog up for about two hours before it was deemed inappropriate and it wa

Anger of a Gentle Man

My blog entry was originally intended to be a report on the status of our award winning appearance in the United States with our musical, "Til Death." But events in the United States changed my focus. “There are three things all wise men fear: the sea in storm, a night with no moon, and the anger of a gentle man.” The above words written by Patrick Rothfuss mean something to me. I come to you, fans of Tokyo Cowboys and our work with a somber mien. While my colleague Chris offers you, and by extension me, hope. I offer you history. As I write this blog entry it has just been over two weeks since the horrific shootings in the Pulse Nightclub in the United States. Violence has ever flirted w

We're all different and all wonderful.

As of two weeks ago, we have officially begun production on our next short film. Up until now we have always had a lot of fun coming up with the plots and twists of our films. However this time we would like you to join us as we create our most serious film to date. The subject matter for our current film is homosexuality. Though I am heterosexual, I am also a proud member of Tokyo Cowboys. We do not judge based on country. We do not make assumptions based on skin color. Sexuality is not an issue to be dealt with for us. As always, I will tackle this delicate project with the best of my ability. I am lucky enough to be surrounded by all kinds of people. Some are homosexual.

Recent Posts
Archive

2014 © TOKYO COWBOYS All Right Reserved.