The Benza Full cast banner.png

The Benza Series 2 / ザ・ベンザ シリーズ2

(English below)


僕はそこまで人前に出たがりたいタイプじゃありません。

でもそんなこと言えば、エンタメ業界で仕事してほぼ毎日テレビに出てるくせに何言ってんだ、って思われるかもしれません。


でもだからこそ、プライベートなことに関しては極力自分で守るようにしています。

今の時代、相手のことを知りたがる傾向にありますが、僕はちょっと違う立場にいます。僕は契約上、投稿する量を控えないといけませんが、それと同時に私生活の様子を載せることを求められています。信じられないと思う人は僕のSNSを見てください。何かに対する考えや意見を述べているものはナシ。それに対し、写真や仕事上、投稿をしないといけないものについてはけっこう載せています。


なので、何か言いたいことや伝えたいことがあれば作品の中でそれを成し遂げるようにしています。ありがたいことに、「ザ・ベンザ」のクリエイティブコントロールは僕にあるので、自由な作品作りが可能です。


既に知っている人もいますが、「ザ・ベンザ」と「ベンザイングリッシュ」にはアドリブのセリフはほとんどありません。もちろんカオスな内容に見えるけど、僕はセリフやフレーズの一つ一つに意味があると思って書いています。そしてそれら全てが僕のSNSへの投稿の代わりとなっているんです。僕がどう感じているか、それは作品を通して伝えています。僕の怒り、喜び、悩みなどは全ていんこ先生、アレナ、カイルたちに代弁してもらっています。あとマリア。特にマリア。あ!あとシェイナもです。


「ザ・ベンザ」の世界観と登場人物は、朝イチに事務所側から「昨夜の投稿を消してほしい」という電話を防ぐ僕なりの手段でもあります。


別にそこまで葛藤しているわけでもないのですが、じゃあクリエイターとしてどうしたらいいのか。


妥協するんです。前回のブログから長いこと休んでましたが、また再開します。ですが、長く続けるつもりはないです!作品が配信されるまでの間、みんなが気になることや裏話なんかができればいいなと思っているだけです。配信されたあとは、作品自身に全てを語らせたいと思ってます。


あとこのブログの目的は、ウィキペディアそしてその他のサイトによる検証のためであり、「ザ・ベンザ」の生みの親、そしてプロデューサーとしてのオフィシャルな声明を出していく場でもあります。なので、自分のチームのためなら喜んで発信していきます。


ということなので、さっそく気になるところの一つ目として種明かししたいと思います。このブログ、本、「ザ・ベンザ RPG」、そして「ザ・ベンザ シリーズ3」を書いて日本語に翻訳する時間は僕には到底ありません。なので、このブログはタムラ役である川畑誠仁(マサ)に翻訳を任せています。


つまり、もし日本語に間違いがあればマサに直接言ってくださいね。


そういうのが大好きな人ですから。


Chris


(マサから一言:自分で訳してていうのもなんですが、そんなイジリいらん。)

I’m not a particularly public person.


Yeah, yeah, I’m certain that’s coming off as kind of a ridiculous statement considering I work in entertainment and I’m on television in front of a couple of million people every day.


Having said that, I work very hard to keep my personal life personal and my private life private.


We live in an age where people want to know more, but I’m in a strange position. I’m contractually obligated to write less while simultaneously expected to put up pictures of my private life to tell more. If you don’t believe me, take a look at my social media. Opinions? Nope. Pictures and posts I’m contractually obligated to make? Yup!


If there’s something I want to say, I make a point to say it within my work. I’m fortunate enough to retain creative control of “The Benza” and I’m free to do and say whatever I want with it.


I know we’ve explained this several times, but “The Benza” and “Benza English” have little to no adlibbed dialog. It may seem like chaos, but to me each phrase and line has a meaning. Those lines are my social media posts. They’re me letting you know how I feel. My anger, my happiness, and my worries are all delivered to you via Inko Sensei, Alena, and Kyle. And Maria. Especially Maria. OH, Shayna too.


The world of “The Benza” and these characters are my way of preventing a phone call from my management in the morning asking me to delete a post I made before I went to bed.


What’s a not particularly public conflicted creator to do?

We compromise. After a very long break, I’ve decided to return to this blog. Don’t worry, I don’t have the time or the interest to keep at this for long! I’m going to be here up until the release of the show filling in some of the blanks. Once the show is released, I plan on returning to letting the show speak for itself.


Additionally, Wikipedia and other sites require my voice as the creator and producer of “The Benza” to speak in an official capacity in order to verify things. For my team, I am happy to do so.


Let’s fill in one of the blanks right away. I do not have the free time to translate this blog, write a book, finish writing “The Benza RPG” and start writing “The Benza” Series 3. I have asked Masahito Kawahata (Tamura) to handle the translation of this blog into Japanese for me.


In other words, if you find a mistake in the Japanese, please message Masa directly.


He will love that.


Chris


#christophermccombs #thebenza #amazonprimevideo #plex

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
Search By Tags